血液を大切にする会
 
 
 
 

   目的及び事業


  本会の目的
 
 本会の目的は、血液を大切にするための運動や事業を通して、人類の健康と福祉に貢献することにある。 

  本会の事業
 
1.普及事業
   血液を大切にする運動を普及啓蒙するための研究会、講演会、セミナー、講習会などを開催する。これらの事業を伝達するために、包括した会報及び図書の刊行を行う。 また必要に応じ、公的な先進の調査研究機関との協力のもとに、国民へ健康情報を提供し、予防医学、未病医学、精神医学などの普及活動を行う。
 
2.献血運動の支援事業
   少子高齢化が進み、献血可能人口の減少や若年層の献血離れなどで、わが国における献血量が年々減少している。そのため本会は日本赤十字社に協力し、献血運動を側面から支援する事業を展開する。
 
3.節血運動の推進事業
 献血運動の支援活動の一つとして以下のような節血運動を強力に推進する。個々の血液をきれいに保ち、病気をしない健康な体を作り、怪我や暴力行為、交通事故等により貴重な血液を流さないと云う全国的な運動を展開する。
 
4. 医療レーザー、人工血液などの支援事業
   血液の消費を極少化する医療レーザー治療などの医療技術や人工血液の早期実用化に対する支援事業を展開する。また、大量出血の治療ばかりでなく、脳梗塞、心筋梗塞、がんなどの治療にも人工赤血球などの研究に対する支援活動を行う。さらに血液製剤および血漿分画製剤に対する可能な限りの安全対策に対する支援事業を行なう。
 
5.募金事業
 
6.その他、当法人の目的を達成する為の必要な事業

 
 
 
 
 
 
Copyrights(c) 2007 Society for Blood Saving All rights Reserved.